ジュリア・ロバーツ

バーバラ

1967年10月28日、アメリカ・ジョージア州生まれ。数々のハリウッド映画大作で主演を務め、出演映画は世界中で累計25億ドル以上の興行成績をおさめる、まさにハリウッドトップスター。87年『ブラッドレッド/復讐の銃弾』で映画デビュー。同年の『ミスティック・ピザ』で注目を浴び、88年『マグノリアの花たち』でアカデミー賞®にノミネート。『プリティ・ウーマン』(90)では、その年の全米興行成績第1位を記録し2度目のアカデミー賞®ノミネートとなった。その後、数々のヒット作に出演し、『エリン・ブロコヴィッチ』(00)で自身初のアカデミー賞®主演女優賞を受賞。その他にも英国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など数多くの賞を受賞する。その他主な出演作に、『愛がこわれるとき』(91)、『ペリカン文書』(93)、『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(96)、『ベスト・フレンズ・ウェディング』(97)、『陰謀のセオリー』(97)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『アメリカン・スウィートハート』(01)、『オーシャンズ11』(01)、『オーシャンズ12』(04)、『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(07)、『食べて、祈って、恋をして』(10)、『白雪姫と鏡の女王』(12)などがある。