クリス・クーパー

チャールズ

1951年7月9日、アメリカ・ミズーリ州生まれ。ミズーリ州立大学のドラマ科に籍を置き、ニューヨークの舞台でプロとしてキャリアを積み始める。『アメリカン・ビューティー』(99)で元軍人の父親役を演じ高い評価を得る。『アダプテーション』(02)でアカデミー賞®助演男優賞を受賞。その他の、主な出演作に『大いなる遺産』(98)、『遠い空の向こうに』(99)、『パトリオット』(00)、『カンパニー・メン』(10)、『ランナウェイ/逃亡者』(12)など。近作に『アメイジング・スパイダーマン2』(14)がある。